travel-db for Sportsのランブロの2021年2月11日のタイムライン

のぶたん

はなももチーム・大森ふるさとの浜辺公園ラン

昨年9月20日以来となる、はなももチームラン。
大森ふるさとの浜辺公園を目的地とする周回コースの10㎞弱。

左ハムストリングが不安だったが、何とか最後までもってくれた。

時折の風が冷たかったが、日差しは春めいて寒くもなし。
談笑しながらのランは久しぶりの楽しさだった。

にこまる

金時山 7.6km

別宅に用事があり、2ヶ月ぶりに箱根へ。
家人とまったりと金時山をハイキング。にこまる犬は術後なのでお留守番。
風も弱くぽかぽかなお山日和。富士子ちゃんもどーん!雪をかぶった甲斐駒も八ヶ岳もばっちり(^.^)

みねごん

定例会下見走

ちらちら降る雪を眺めながらの10km。

埋蔵文化財センターへの階段道のチェック。

なんとか通常の冬用シューズで登攀可能との判断。

復路のふれあいコースの下り坂もOKの評価。

一方開拓の村駐車場からの脱出路は避けたほうがいいとの評価でした。

これで14日の定例走会のルートは若干短い8.5kmで行くことに。

ken709

走りながら思っていたこと

今朝は孫を学校まで送って行かなくていい日なので少しだけ寝坊。

この年齢で走るのと子育て(孫の)とどちらが楽しい?どちらが辛い?と自問してみる。娘が今の孫の歳の時、僕は40歳代前半、まだ体力的に自信があった頃、子育てなんか考えていなくって毎晩バスケットをしたりその仲間と飲み歩いてよく遊んでいた。

今は自分で言うのもなんだけど、いたって真面目!だ(多分)

いや~遊ぶほどの体力がなくなっているだけで、本当は遊ぶのが大好きだ。ただ遊ぶ質というか中身が変わったけど、それにその時間を作り出すのが大変だし、毎日の生活でその余裕がない。

 

昨日一日は

(今日は仕事休みだしあとで走ろう)と5時半起床

慌ただしく孫の朝食用意

6時    孫二人を起こし朝食

6時30分  小学生二人の孫を車に乗せ隣町の小学校へ

7時    小学校に到着、そこで上の子(小学6年生)の兄の方が

      ランドセルを忘れて来たことを知る。(色々なことがあり

      不登校になりつつある。確信犯)

      担任の先生に連絡し、二人を乗せ自宅へ戻る。

7時30分  母を起こし朝食。

8時20分  母親と孫二人を乗せ学校へ向かう。途中母親の介護施設

      (ディケア)で母親を降し、学校へ

8時50分  学校で保健室の先生に事情を話し孫二人を降ろす。

      そのご小名浜の叔母の所へ向かう。

9時30分  小名浜の叔母家に到着。

      88歳目が見えなくなってきた叔母に機械の説明、叔母は

      元教師だったため孫の事、子供の事でアドバイスを受ける   が途中から毎度同じの想い出話になってきたので、仕事があると話仕事先に向かう。

 

10時20分  スパリゾートハワイアンズ近くの友人宅で仕事

      仕事はすぐに終わったが久しぶりに友人(大親友同級生の 弟、彼は50歳の時病気で亡くなってる)とその大親友の想い出話をする。

 

12時    小名浜で買い物と外食

14時10分  学校へ1年生の妹を迎えに行く。(5時限)

      6年生が(6時限目)が終わるまで1時間車の中で

      宿題と音読をし待つ

15時20分 途中のスーパーで夕食の買い物をして帰宅

16時   自宅に戻る、夕食の準備

16時50分 母親がディケアから帰宅、母親と夕食

18時    1時間かけての夕食が終わり、母親を寝室に連れて行き

       代わりに孫二人の食事

19時    後片付けが終わり孫と風呂へ

20時   自分の部屋でテレビを観てて寝落ち

21時30分 下の子の泣く声で目覚める。どうやら兄弟喧嘩

22時   就寝 

4時30分 起床 5時15分走りに行く

 

結局走らなかったけど、自分ではなかなか充実した日?だった気がするけどな~疲れた

 

 

 

          

 

       

カズ

ハーフジョグ

足底の痛みがまた出てきたので、のんびりペースで走る。

出ては引っ込み出てはの繰り返し。

よしだpipio

ウォーキング+1.3kmジョグ

今日は昨日より長くゆっくり走ろうと思ったが、昨日の午後から足が痛くなってきたので控えめにすることにした。

朝、歩き始めたところ、足が痛まなかったので、神無公園内を1.3キロゆっくり走ってみた。

が、やっぱりその後、少し足の甲が痛むので、ランニングはまだもうしばらく控えることにする。

やすまる

夜ラン

仕事終わりからの夜ラン10km。

今日もいい感じで走る事ができた。